日英薬剤師日記

イギリスの国営医療(NHS)病院で働く、臨床薬剤師のあれこれ

海外薬剤師免許変換コース

20年の軌跡と奇跡

20年前のちょうど今日、英国へやってきた。 スーツケース一つで。 ヒースロー空港に降り立って、地下鉄を乗り継ぎ、住むことになった学生寮へ、未知の将来へのワクワク感を胸に歩いて向かったこと、今でも、昨日のことのように思い出せる。 でも、まさかこん…

イギリスで免許を変換し、薬剤師になる方法(4)

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 8)目指す人への注意事項 今回は、あえて、現実的な話をしようと思います。 イギリスで免許を変換し、薬剤師になるにあたって立ちはだかる「壁」いろいろについてです。 一般論ならび…

イギリスで免許を変換し、薬剤師になる方法(3)

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 6)英国の薬剤師免許変換・取得まで、総額どのぐらいの費用がかかりますか? ずばり「ピンキリ」です。個々の状況や進捗、日本からやってきて行うか、それともすでに英国にある程度の…

イギリスで免許を変換し、薬剤師になる方法(2)

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 4)IELTS のどの試験を受ければいいのですか? 勉強法を教えてください IELTS (International English Language Testing System) は、英国ケンブリッジ大学とブリティッシュ・カウンシ…

イギリスで免許を変換し、薬剤師になる方法(1)

先日、本当に、唐突だったのですが; 「とある日本人の薬剤師さんが、英国で薬剤師になろうと考えていて、私にコンタクトを取りたいらしい」 という話を、ロンドン在住の日本人薬剤師の友人経由で受けた。 私、このブログに、自分の連絡先を記載していない。…

英国臨床薬剤師の必読本+α

今からちょうど20年前の2000年5月、英国の留学に反対する母を連れて、ロンドンへ観光に来た。 そして、母に、ロンドン大学薬学校 (The School of Pharmacy, University of London) の校舎でも一緒に見てもらおうと、当日、一本の電話の後に訪れると、教務課…

バレンタインデー in 2020 私の職場の男性同僚たち

今日は、バレンタインデーですね。 という訳で、去年に引き続き「私の職場薬局の男性同僚たち」を紹介してみたいと思います。各人の仕事の説明と共に、英国の病院薬局って、いろんなスタッフがいるのだなあということを知ってもらえれば、幸いです。 まずは…

昨今の仮免許(プレレジ)薬剤師・新卒薬剤師に関する考えいろいろ

先日、勤務する病院の、仮免許(プレレジ)薬剤師向け勉強会の講師担当になった。 私の病院で各薬剤師が仮免許(プレレジ)薬剤師向けに行う教育セッションについては、一年前のこちらのエントリ(⬇︎)もどうぞ 今年は「肺感染症 (Chest Infections) 」の分…

英国でファーマシーテクニシャンの職を得た時の話(2)「共に就職活動をした日本人の友人たち」

このエントリは、シリーズ化で、前回からの続き(⬇︎)となっています。 ロンドンの国営医療 (NHS) 病院で、ファーマシーテクニシャン(以下、テクニシャン)の求人が出るたびにせっせと応募する日々が続いていた。でも、その時点 (2003年7月頃) では、どこ…

前途有望な日本人薬学生さんたちに会ってきた@ハートフォードシャー大学 in 2018/19

先週は、ロンドン近郊の、ハートフォードシャー大学薬学部へ行ってきた。 ここ、私のロンドン大学薬学校時代の「薬学の父と母」と呼ぶ恩師たちが、2000年代中盤に、ゼロから立ち上げた新設大学。 なんと、日本の明治薬科大学の、海外医療研修コースの受け入…

プレレジ研修(仮免許薬剤師)時代のこと

先週の木曜日は、英国薬剤師免許の筆記試験日だった。 毎年、年に2回、6月末と9月末に行われる。 9月は、6月に不合格だった受験者の再試か、プレレジ研修(詳細は、下記)を何らかの事情で遅く始めた人のための試験日。だから、9割方の英国薬剤師の卵…