日英薬剤師日記

イギリスの国営医療(NHS)病院で働く、臨床薬剤師のあれこれ

いい仕事って?(下)

このエントリは、前回(⬇︎)からの続きとなっています。 2020年10月 相変わらず呼吸器系病棟で働いていた。ここの病棟は、看護師たちも寄せ集め(=人材派遣会社から手配した者や、他の病棟から急遽借り出され、その日限りで働いている方々が大半)で運営さ…

いい仕事って?(上)

今日は、2021/21 の年度末ですね。 ということで、今回のエントリでは、特別に「独白」を。 つらい、つらい一年でした。 世界中の人たちと同様、新型コロナウイルス (COVID-19) のパンデミックによる社会的混沌、日常生活の制限、そして、その最中の自身の…

感染症専門薬剤師「パメラさん」の退職

先週の金曜日は、悲しい日だった。 約4年間、苦楽を共にした同僚の「パメラさん」(写真下⬇︎)が退職したから。 パメラさんと私。長年の同僚であったものの、互いに別々の病院で働いていたため、2人一緒の写真がほとんどないことに気づいた。数日前に撮影 …

東日本大震災の日から10年

今日は、東日本大震災の日から10年ですね。 日本人であれば、恐らく誰もが、あの日、どこで、何をしていたのか、覚えていることでしょう。 今日のエントリでは、その当時の私の記憶を辿ってみたいと思います。 その年 (2010/2011年)、私は英国の薬剤師免許を…

「コロナ・セントラル」病棟で働く日々(2)

今回のエントリは、前回(⬇︎)からの続きになっています。 6)普通の患者さんが忘れられた。そして、大惨事にな(りかけ)た。 病棟のスタッフは皆、毎日、次から次へと運ばれてくる新型コロナウイルス (COVID-19) 感染患者さんたちの死活に懸命だったけど…

「コロナ・セントラル」病棟で働く日々(1)

去年の年末から新年の初めにかけて、新型コロナウイルス (COVID-19) に感染・発症し、数週間欠勤した。 その時の記録は、こちら(⬇︎)から。計3話のシリーズとなっています で、復職後の1月中旬から関連病院内を異動。担当になった古巣の一般内科病棟は「…

新型コロナウイルス (COVID-19) 感染記録(下)

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 1月2日(土) 発症以来この1週間、食欲が(ほぼ)湧かなかった。一日中寝ているから、お腹も空かない。 嗅覚も味覚も喪失(もしくは誤作動)していたから、食べ物を見ても「これは…

新型コロナウイルス (COVID-19) 感染記録(中)

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 12月30日(水) 朝起きると、鼻づまりがすごい。 昨夜からずーっと寝ていたが、ふと、これ以上眠れないという状態になった。「現状では、一日の間で、体調の良い時間はほんの少しし…

新型コロナウイルス (COVID-19) 感染記録(上)

前回のエントリ(⬇︎)で、言及しましたが; 去年の年末から、新型コロナウイルス (COVID-19) に感染し、完全にダウンしていた。 その最中、この人類未曾有の疫病の個人体験記録を、何らかの形で書き残しておくべきだと思い、毎日病床で、できる範囲でメモし…

2021年明けましておめでとうございます

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 いつも『日英薬剤師日記』ブログにアクセスして下さり、ありがとうございます。 昨年の、ちょうどクリスマスの日に、体調の異変に気づきました。 検査の結果、新型コロナウイルス (COVID-19) の感染が確認…

プライバシーポリシーと免責事項について

こちらは当ブログにおける個人情報の取り扱い、免責事項などをまとめたものです。 <広告の配信について> 当サイト『日英薬剤師日記』ブログは第三者配信の広告サービス「Google アドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広…

緊急手術を受けた。そして、入院患者になった(8)退院後のフォローアップ

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 退院した翌日から、創傷のケアのため、勤務病院内の外科アセスメント室に、毎日通うことになった。 私の手術は、うなじ周辺に鍵穴のような形の切り込みを入れ、嚢胞を引っ張り出すよう…

緊急手術を受けた。そして、入院患者になった(7)担当看護師変更願い編

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 朝食が終わると、上司のドナさん(写真下⬇︎)がお見舞いに来てくれた。というか、偶然にもその日、私が入院した「特別需要病棟」の担当薬剤師になったとのこと。その後は「集中治療室」…

緊急手術を受けた。そして、入院患者になった(6)緊急入院編

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 突然連れてこられた「特別需要病棟」。そこは、病院中で病床が足りなくなった時だけ、臨時的に開ける病棟であった。 英国国営医療サービス (NHS) の病院では、特に秋から冬にかけて病床…

緊急手術を受けた。そして、入院患者になった(5)手術室と術後の副作用編

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 手術室(写真下⬇︎)へ向かう途中、いつもは仕事中、自身が駆け回っている病院の主廊下を通過した。 先週末の当直勤務中、この辺りで、首のこぶの異変に気づいたんだよなあ。で、その数…

緊急手術を受けた。そして、入院患者になった(4)手術当日編

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 手術当日の朝8時、指定された通りに、外科手術アセスメント室へ戻ってきた。 まず、尿検査。MRSA 検査もするはずだったのだけど、なぜか省略された。 昨日は「アセスメント」、すなわ…

緊急手術を受けた。そして、入院患者になった(3)外科手術アセスメント室編

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 緊急医療室での診察を終え、午前2時頃、自宅へ戻り、スコーンを頬張り、就寝。 午前8時過ぎ、家庭医(=かかりつけ医)からの電話で起こされた。昨日電子送信した診察願いへの応答で…

緊急手術を受けた。そして、入院患者になった(2)緊急医療室編

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 自分が勤務している病院の緊急医療室に「一患者」として駆け込み、それから、長い、長い、長い待ち時間が始まった。 それを予測し、以前からずっと前から読みたかった(でも日常の忙し…

緊急手術を受けた。そして、入院患者になった(1)発覚編

本当に、本当に、突然だったのですが; 一週間ほど前、「緊急手術」を受けた。 そして、物心ついてから人生初の、入院生活を送った。 しかも、自身が勤務する病院にて、普段から馴染みの同僚たちに看護されながら。 よく言われていることだけど、普段、医療…

見知らぬ街の薬局を訪れてみた。英国・バース編(下)

今回のエントリは、前回(⬇︎)からの続きです。 休暇中、心身を癒すべく、古代ローマ人が愛した英国唯一の温泉地にやってきたが; 数日間をかけて、街全体を散策するうちに、こんな表示(写真下⬇︎)も見つけた。 英国の病院所在地を示す道路共通標識。こちら…

見知らぬ街の薬局を訪れてみた。英国・バース編(上)

9月下旬から2週間、休暇を取っていました。 元々、日本での休暇か、家族と約束していたバリ島へ行くために、6ヶ月以上前から確保していた有給休暇だったのですが、 依然、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、実現できず。 ところで最近、私の職場…

去りゆく者たちと退職の理由

今月は、私の職場で、退職する人の多い月だった。 皆、それぞれに、別の職や次の人生のステップに移っていく。 今回のエントリでは、そんな「去りゆく者たち」を、紹介してみたい。 まず一人目は、内科専門薬剤師であった、レイチェルさん(写真下⬇︎左)。 …

イギリスで免許を変換し、薬剤師になる方法(5)

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 9)似て非なる道もアリ 前回までのエントリの要点になりますが; 「かかる予算は、最低300-500万円程度。恐らく、5年程度の準備・変換期間を要することになる。免許取得後、イギリス…

見知らぬ街の薬局を訪れようとした。そして、1つも見つけることができなかった。英国・アランデル編

先々週末は、3連休のバンクホリデーだった。 私は毎年、この8月最後の週末を「普段はちょっと行きにくい国内の場所」へ旅行することにしている。 過去2年の行き先はこちら(⬇︎)でした。こういったことを振り返るのに、ブログは便利ですね。 でもね、今年…

20年の軌跡と奇跡

20年前のちょうど今日、英国へやってきた。 スーツケース一つで。 ヒースロー空港に降り立って、地下鉄を乗り継ぎ、住むことになった学生寮へ、未知の将来へのワクワク感を胸に歩いて向かったこと、今でも、昨日のことのように思い出せる。 でも、まさかこん…

イギリスで免許を変換し、薬剤師になる方法(4)

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 8)目指す人への注意事項 今回は、あえて、現実的な話をしようと思います。 イギリスで免許を変換し、薬剤師になるにあたって立ちはだかる「壁」いろいろについてです。 一般論ならび…

イギリスで免許を変換し、薬剤師になる方法(3)

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 6)英国の薬剤師免許変換・取得まで、総額どのぐらいの費用がかかりますか? ずばり「ピンキリ」です。個々の状況や進捗、日本からやってきて行うか、それともすでに英国にある程度の…

イギリスで免許を変換し、薬剤師になる方法(2)

今回のエントリは、シリーズ化で、前回はこちら(⬇︎)になっています。 4)IELTS のどの試験を受ければいいのですか? 勉強法を教えてください IELTS (International English Language Testing System) は、英国ケンブリッジ大学とブリティッシュ・カウンシ…

イギリスで免許を変換し、薬剤師になる方法(1)

先日、本当に、唐突だったのですが; 「とある日本人の薬剤師さんが、英国で薬剤師になろうと考えていて、私にコンタクトを取りたいらしい」 という話を、ロンドン在住の日本人薬剤師の友人経由で受けた。 私、このブログに、自分の連絡先を記載していない。…

100日ぶりに外出した。そして、見知らぬ街の薬局を訪ねてみた。英国ロンドン・ヴィクトリア駅編

先週末、英国ではついに、外出規制が事実上(ほぼ)解除された。 振り返れば、3月下旬から、通勤や生活上、本当に必要な時しか外出できない状態だった。 私は幸か不幸か、勤務先と自宅が目と鼻の先だし、病院内に食料品スーパーマーケットも、ちょっとした…